本文へ移動

事業内容

非破壊検査(一般)

目視試験(VT)

┗ 検査員の目で試験部の状態を確認します。
┗ すべての検査の基本となり各種検査と併用します。
┗ 工業用内視鏡を用いた配管等の内部確認も対応できます。

浸透探傷試験(PT)

┗ 表面欠陥の検出に優れています。※深さは判断できません。
┗ 試験部に浸透力の高い液体を適用し、毛細現象を利用します。
┗ 対象物や環境に応じた方法を選別します。

磁粉探傷試験(MT)

┗ 表面及び表面直下(浅い部分)の欠陥が検出できます。※深さは判断できません。
┗ 強磁性体にのみ適用できます。
┗ 磁化方法によって対応できない場合がございます。

超音波探傷試験(UT)

┗ 主に内部の欠陥の検出に適用します。
┗ 試験部に超音波を伝搬させ、境界での反射を利用します。
┗ 配管の肉厚測定やアンカーボルトの長さ測定等も対応できます。

放射線透過試験(RT)

┗ 主に内部の欠陥の検出に適用します。
┗ 物質を透過した放射線の透過量によるフィルム濃度の違いを利用します。
┗ コンクリート壁の内部調査も対応できます。
※ 放射線を扱う為、作業時は周辺立ち入り禁止措置を講じます。
※ 撮影室完備しております。大きさに制限はございますが、試験体の持ち込みが可能です!!

過流探傷試験(ET)

┗ 表面(内外)欠陥が検出できます。
┗ 導電体にのみ適用できます。
┗ 試験方法により対応できない場合がございます。

漏れ試験(LT)

┗ 漏れ位置の特定若しくは漏れ量の測定又はその双方の特定ができます。
┗ 実績①:タンク及び船舶における発砲漏れ試験。
┗ 実績②:サーチガスにヘリウムガスを用いたヘリウムリーク試験。

非破壊試験(応用・特殊技術)

超音波フェーズドアレイ技術を用いた調査・診断

● 通常の超音波プローブは1つの振動子で構成されているが、フェーズドアレイ超音波のプローブは多数の振動子により構成されている。
● 複数の振動子から送信される超音波ビームを電子的に制御することで超音波の入射角度及び集束位置を任意に変更できる。
● 探傷結果を画像化することができるので欠陥の形状を推定しやすい。

DRシステムによる調査・診断

● 従来のX線フィルムやイメージングプレート(IP)に代わり、フラットパネルディテクタ(FPD)を使用。
● 現像処理や読み出し装置が不要。照射後、数秒で専用パソコンで画像の確認が可能。
● 放射線源も漏洩線量の少ないパルスX線を使用している為、安全性にも優れております。
● 保温材を撤去せずそのまま配管の腐食診断が可能。配管サイズと肉厚によりますが、様々なツールを使用することで鮮明な画像の取得ができるので残存肉厚の測定もできます。

コンクリート内部調査

X線撮影(レントゲン)

┗ RT同様、コンクリートにX線を照射し内部の鉄筋や電配管をフィルムに投影させます。
● 鉄筋及び電配管の配置はもちろん空洞の形状も把握できます。
● DRシステムを使用することにより、短時間で広範囲の探査が可能です。
△ かぶり厚さの測定はできません。
※ 放射線を扱う為、作業時は周辺立ち入り禁止措置を講じます。

電磁波レーダ法

┗ 電磁波をコンクリート中に放射すると電気的性質の異なる境界で反射するという性質を利用しています。
● 鉄筋の配置に関しては最も短時間で広範囲の探査が可能。
● 空洞の検出も可能。
△ かぶり厚さの測定精度はコンクリートの状態の影響を受けやすい。

電磁誘導法

┗ 試験コイルに交流電流を流すことによってできる磁界内に、鉄筋を配置させることで検出します。
● かぶり厚さの浅い場合は高精度の測定ができます。
● 鉄筋径の推定が可能な測定器を所有しております。
△ 空洞や塩ビ管などは検出できません。

品質管理業務

◇ 製作工場や工事現場におけてお客様の品質保証部に入り込み、様々な検査、計測のお手伝いをさせていだだきます。

ダイヤモンドコア穿孔工事

◇ 改修工事等における配管貫通部等の穿孔工事において、事前のコンクリート内部調査はもちろんダイヤモンドコアビットによる穿孔工事も一貫して施工致します。

労働者派遣業

◇ 経験豊富な品質管理スタッフや現場監督スタッフを派遣致します。
TOPへ戻る