HOME

非破壊検査とは

業務内容

工事経歴

会社案内

お問い合わせ

個人情報について



品質技術サービス有限会社
〒311-0101
茨城県那珂市本米崎2939-27
TEL:029-270-8057
FAX:029-270-8067
Emal:qservice@sage.ocn.ne.jp
 
 

 
 

 非破壊検査って知ってますか!

非破壊検査とは

「物を壊さずにおこなう検査」

非破壊検査の定義

非破壊検査とは、材料・部品・構造物などの種類のいかんにかかわらず、試験対象物を傷つけたり、分解したり、破壊したりせずに欠陥の有無、それらの状態、内部構造などを知るためにおこなう“非破壊試験”によって得られたデータをもとに、それらが正常か否か等の判定をおこなうまでの検査をいいます。


 非破壊検査項目
試験方法の種類
最も基本的な人間の目で見て状態をみる外観試験。(目視検査(VT))
エックス線やガンマ線を使用し、内部のキズをみる放射線透過試験(RT)
超音波の特質を生かして内部キズの有無をみる超音波探傷試験(UT)
毛細管現象とコントラストを利用し、キズの有無をみる浸透探傷試験(PT)

これらの試験によって出された結果は、必ずしも絶対ではありません。
試験体の状態を判断する材料のひとつにすぎないのです。
金属組織、機械的性質、化学的性質、応力などを総合的に理解していなければ結果を出す事はできません。

 放射線透過検査(RT)
配管の放射線透過試験(RT)(X線による透過写真撮影)

配管の放射線透過試験(RT)(X線による透過写真撮影)
 鉄パイプの内側に凹みがあったとします。もちろん外側からは判断できませんね。
これに放射線を透過させてフィルムに感光させます。
 当然、同じ条件で放射線が透過して感光するわけですから、正常な状態ならば同じ濃度の影が映りこむはずです。
ところが凹みがあるということは、それだけ多く放射線が透過する、(肉厚の薄い部分は、透過する量が短いって事)。すなわち感光時間が長くなると言う事がいえます。
そうなると、凹みの部分だけ濃度の濃い影が発生し、
そこに凹みがあるという判断材料となるわけです

 超音波探傷検査(UT)
RB-E試験片を用い超音波探傷試験(RT)

RB-E試験片を用い超音波探傷試験(RT)(厚み測定) 超音波探傷試験には「垂直法」と「斜角法」が存在します。
これは、探触子から超音波パルスをどういう方向で発射するかによって違うのです。
垂直法は、材料の厚みを求めるときや厚い材料の探傷をする場合などによく用います。
斜角法は、あまり厚みのない材料に適用し、内部キズの位置を比較的正確に知ることができるため、溶接部の内部に存在するキズの検出に優れています。 

 厚み測定
厚み測定

RB-E試験片を用い超音波探傷試験(RT)(厚み測定) 材料には、経年変化による劣化・減肉現象が生じ、構造物に思わぬ異変が起こることがあります。
特に、内部流体の性質(温度、圧力、流速、腐食性等)、外的要因(湿度、雰囲気ガス等)により、材料の厚みが薄くなる減肉現象が発生します。
 事前に肉厚の変化を調整することにより、それらの事象を把握することが出来ます。
そのために、超音波による肉厚測定が、有効な手段となります。  


 浸透探傷検査(PT)
配管の浸透探傷試験(PT)(浸透液による浸透処理)

配管の浸透探傷試験(PT)(浸透液による浸透処理) この「浸透探傷検査」は、強磁性体でなくても被検査物の表面上に存在するキズや凹みを検出できる性質の検査です。
“浸透剤”と呼ばれる検査液を検査する表面に塗布し、一定時間置きます。その後、塗布した浸透剤をきれいに拭き取り、“現像剤”と呼ばれる別の薬品を塗布します。すると、表面上のキズや凹みが多少拡大化された状態で視認できるようになるのです。

Copyright © 2005 Qality Technical Service.Ltd All Rights Reserved. Creatived by ウェブハウスWebhouse & iTnext